茨城での福祉葬による葬儀 - 千葉で行う葬儀の流れと注意点

茨城での福祉葬による葬儀

茨城県内では、生活保護の相談や申請は、それぞれの市役所にある福祉事務所か、町村の場合には、基本的には茨城県庁が一定のブロック単位で設置している福祉事務所で受け付けることになっています。
もしも茨城県内で生活保護を受けている世帯の人が亡くなり、その遺族が自前で葬儀の費用を出すことができない場合には、福祉葬とよばれる形式での葬儀を行うことがあります。

茨城で葬儀といえばこちらです。

これは、生活保護のなかの葬祭扶助とよばれるメニューのひとつとして、公費でその費用を負担する制度を利用するものです。

基本的には火葬だけがメインとなる形態で、大規模な祭壇を設置したり、会社や学校などから大勢が参列をするようなことはなく、ほとんど家族だけでの見送りとなります。



しかし、福祉葬の形式の場合にも、いわゆる枕飾りや、御棺、骨壷、装束、遺影などの、一般的な葬儀に欠かせないものは、ほぼ含まれていますので、その意味では、あまり心配をする必要はないものといえます。
ただし、実際に福祉葬をするにあたっては、担当の福祉事務所に相談をして、しかるべき申請をしなければなりませんので、この点だけは忘れないようにすることが大切です。



福祉事務所との相談のなかで、福祉葬が行えることが決まった場合には、茨城県内でも対応できる葬祭業者を選んで依頼することになります。

すべての葬祭業者が対応しているとは限りませんので、このあたりも福祉事務所との相談のなかで確認すべきものです。