千葉における小規模葬儀 - 千葉で行う葬儀の流れと注意点

千葉における小規模葬儀

葬儀のしかたとしては、その地域に伝わっている伝統的な要素が重視されるのがふつうですが、十分に都市化が進んでおり、あまり伝統にはこだわらなくなっている地域もあります。

千葉市なども、東京都心から近い位置にあり、特に海沿いなどは工場や官公庁が進出するなど、都市化が進んでいます。

千葉で葬儀に関するアドバイスです。

そのため、千葉市の場合には、これまでのように、地域の自治会、町内会などが総出で準備をして、会社などからも大々的に参列者を呼んで行う葬儀は、影を潜めつつあります。


かわって登場しているのが、むしろ参列者はできるだけ少なくして、心から亡くなった人のことを悼む気持ちがある身内や一部の親密な友人などだけを集める、ごく小規模な葬儀です。



このような小規模な葬儀は、家族葬として呼ばれることが多く、そのための専用のプランなども、千葉市内にある葬祭業者で取り扱っています。

具体的な内容そのものは、伝統的な葬儀からそれほど外れているわけではなく、通夜と告別式はひととおり行い、僧侶が読経をするなかで、参列者が焼香をするスタイルは維持されています。

そのいっぽうで、亡くなった人が生前に好きだったものや、趣味でつくった作品などを展示したり、供物のかわりにしていたりすることがあり、この部分は伝統的なスタイルとは趣きが違っています。



このように、家族葬の場合には、少人数で気心が知れていることとあいまって、ある程度は自由にプランニングすることができる点が特徴です。