茨城で葬儀をする場合の式場について - 千葉で行う葬儀の流れと注意点

茨城で葬儀をする場合の式場について

家族が亡くなった場合には、まずは地元の適当な葬祭業者を自宅に呼んで、打ち合わせなどをしつつ、葬儀のプランを決定したり、日時や場所などの詳細を詰めたりするのが普通です。
亡くなった当初はいろいろなことを決めなければならず、遺族としては気が休まる暇もありませんが、すべて必要なこととして、割り切って考えなければなりません。


なかでも、葬儀の当日の式場をどこにするのかは重要といえます。


茨城県内で葬儀を執り行う場合は、亡くなった人が生前から住んでいた自宅で行うのが一般的です。

茨城で葬儀情報を、皆様へ配信するサイトです。

茨城県内ではまだ昔ながらの農家なども多く、葬儀をするにあたっても、祭壇の設置や弔問客の受け入れに必要な十分なスペースを確保できることが背景としてあります。ほかには、菩提寺となっている寺院で執り行うこともあります。

この場合は、菩提寺とよく相談をして、式場として利用できるかどうかを確認しなければなりません。

もしも利用可能な場合ですが、葬儀そのものだけではなく、通夜振る舞いなどの飲食ができるスペースなども併設しているのが普通ですので、逆に自宅よりは不都合がないといえます。茨城県内でも、民間の葬祭業者が建てた葬祭ホールは数多くあります。


特に弔問客が多く訪れることが見込まれる場合は、こうしたホールを貸し切って式場にするのが適当です。



茨城県内では、通常はそれぞれの市町村ごと、または周辺市町村で連携して、行政が斎場を設置運営しているため、民間ではなく、公設斎場を式場として利用する方法もあります。