茨城の神道形式の葬儀 - 千葉で行う葬儀の流れと注意点

茨城の神道形式の葬儀

葬儀のありかたは、地域によって大きな違いがある場合がみられます。

茨城県内の場合ですが、一般的な地域では仏教形式ではあるものの、一部には神道形式で行っているところがあります。

もともと茨城県内の場合には、尊皇思想の中心地としての水戸藩の領地となっていたところが多く、葬儀についても復古的な内容のものを、地域ぐるみで選択したことが理由になっています。

茨城県内の神道形式の葬儀では、祭壇のつくりが仏教形式とは大きく異なり、白木でつくられた宮型を模したものになっています。

茨城で葬儀について悩んでいませんか。

遺影や供物があるところは仏教形式と同じですが、神社のなかで行われることはなく、基本的には亡くなった人の自宅か、葬祭業者がもっている適当な葬祭ホールなどを貸し切って、そこに神職を招いて行うのがふつうです。


仏教形式の場合には、通夜と告別式にわかれていますが、呼び方は異なるものの、神道形式でも同様にふたつにわかれています。



内容として、焼香はありませんが、葬儀に参列している人が玉串を捧げたり、塩を撒いたりすることがあり、これは他の人にしたがって、作法をまねて行うのが、間違いがないといえるでしょう。
神職は読経のかわりとして、祭詞を読み上げますが、この祭詞のなかには、亡くなった人の生い立ちや、生前の事績、人柄などが含められていることがあります。



宣命体で一般の人にとってみれば意味はとりにくいものの、よく聞き耳を立てていれば、その趣旨は伝わってくるはずです。